【MLB】ドラフト62巡目1389位指名から殿堂入りした伝説の捕手マイク・ピアッツァ

national league

どうも、生涯野球人です。

メジャーリーグのドラフトが数日後に迫っていますね。

今日はそのドラフト会議で1389番目に名前を呼ばれ、

そこから殿堂入りするまで上り詰めた男を紹介します。

【MLB】ドラフト62巡目1389番目の指名から殿堂入りした伝説の捕手

メジャーリーグのドラフト会議は従来40巡目まで指名があり、1200人以上の選手が指名される。

その中からメジャーリーグの世界で活躍する選手は極めて少なく、茨の道だと言える。

今日はその茨の道を進み、殿堂入りするまで上り詰めたマイク・ピアッツァ選手についてです。

Mike Piazza マイク・ピアッツァ

1968年9月4日生まれ 51歳

アメリカ合衆国ペンシルベニア州ノリスタウン出身

イタリア系アメリカ人

右投右打 捕手・一塁手

身長190センチ 体重97キロ

運命のドラフト

ピアッツァは1988年にドジャース から

ドラフト62巡目1389番目に指名を受けた。

ピアッツァは捕手として入団することになるが、

幼い頃に1番嫌いなポジションに捕手をあげており、リトルリーグでプレーして以来捕手としてプレーすることになる。

メジャーデビューから引退まで

1992年の9月にメジャーデビュー

1993年には、打率0.318 出塁率0.370 長打率561 OPS0.932

という成績を残し満票で新人王を獲得。

また、その年のオールスターゲームに出場

1994年はドジャースもピアッツァ自身も好調であったが、ストライキのためプレーオフが行われなかった。

結局レギュラーシーズンでは、こちらの記事でも紹介した

【MLB】メジャーリーグの歴史上、最も勝負強い打者3選
どうも、生涯野球人です。先日、MLB.comに歴代で最も勝負強い打者は誰かという記事が上がっていました。今日はメジャーリーガーの中でシーズンの得点圏打率が最も高かったレジェンド選手2人を動画を交えながら紹介しようと思う。...

トニー・グウィンに次ぐリーグ2位の打率0.346を残す。

1996年にはオールスターMVP

1997年にはシーズン40本塁打(捕手として史上3人目)

1999年に再びシーズン40本塁打

2004年捕手として歴代1位の352本目の本塁打を放つ(最終的には427本塁打)

因縁の2000年サブウェイシリーズ

ピアッツァは過去の3度の対戦全てで名投手ロジャー・クレメンスから本塁打を放っており、得意としていた。

2000年のレギュラーシーズンでピアッツァはクレメンスから頭部に死球を受け、これが故意の死球ではないかと憶測が出るはめに。

NYM@NYY: Roger Clemens beans Mike Piazza

その年のワールドシリーズでメッツとヤンキースの対戦が決まり、この騒動もあって盛り上がりを見せた。

第2戦ではこんなことも。。

2000WS Gm2: Clemens throws bat in direction of Piazza

最終的には4勝1敗でヤンキースがワールドチャンピオンに輝いた。

ニューヨークに本拠地を置くヤンキースとメッツがワールドシリーズで対戦するのは初めてのことで

ニューヨークはとてつもない盛り上がりだったことが容易に想像できる。

最後にピアッツァのキャリアハイライトを見てお別れです。

Mike Piazza Career Highlights

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました!

最初から注目されていたわけではないけれど、

スター選手に上り詰めるまで努力し続けた男マイク・ピアッツァの生き様、かっこいいですね。

そんな男の過去を知っていれば、あなたもメジャーリーグ通であること、間違いなし!

目指せメジャーリーグ通!!

タイトルとURLをコピーしました