【MLB】メジャーで活躍する3投手はかつてのチームメイト。名門校に迫る。

American league

どうも、生涯野球人です。

今日は昨日紹介したピート・クロウ=アームストロング選手の母校

ハーバード・ウエストレイク高校が輩出した3人のメジャーリーガーについて

紹介しようと思います。

ちなみにこちらが昨日紹介した記事です。

【MLB】3人はかつてのチームメイト。アメリカの大阪桐蔭?

まず1人目

Max Fried マックス・フライド (マックス・フリード)

1994年1月18日生まれ 26歳

身長193センチ 体重86キロ

左投左打 投手

2012年ドラフト1巡目全体7位

アトランタ・ブレーブス所属

Max Fried – 2019 FULL Highlights

2019年シーズンは33試合登板し、17勝6敗 防御率4.02

165.2イニングを投げて173個の三振を奪う活躍

1イニングあたりに許す出塁数を示す指標WHIPは1.33で全体の47位

勝ち星をMLB全体で比較しても

ジャスティン・バーランダー(21勝)ゲリット・コール(20勝)エドゥアルド・ロドリゲス(19勝)ドミンゴ・ヘルマン(18勝)ザック・グレインキー(18勝)スティーブン・ストラスバーグ(18勝)

の6人しか上にはおらず、飛躍のシーズンだと言える。

2人目の選手を見てみよう。

Lucas Giolito ルーカス・ジオリト

1994年7月14日生まれ 25歳

身長198センチ 体重104キロ

右投右打 投手

2012年ドラフト1巡目全体16位

シカゴ・ホワイトソックス所属

Lucas Giolito Ultimate 2019 Highlights

2019年シーズンは前半戦を11勝3敗 防御率3.15

オールスターに選出

29試合登板し、14勝9敗 

防御率3.41 176.2回を投げ、228個の三振を奪う活躍

WHIPは1.06でMLB全体で12位

Jack Flaherty ジャック・フラハーティ

1995年10月15日生まれ 24歳

身長193センチ 体重93キロ

右投右打 投手

2014年 ドラフト1巡目追補全体34位

セントルイス・カージナルス所属

Jack Flaherty Ultimate 2019 Highlights

2019年シーズンは33試合を投げ、11勝8敗防御率は2.75

196.1イニングを投げ231個の三振を奪う活躍

WHIPは0.97

ジャスティン・バーランダー(0.80)ゲリット・コール(0.89)に次ぐMLB全体で3位の成績

以上でハーバード・ウエストレイク高校が輩出した3人のメジャーリーガーの紹介を終わりにする。

最もドラフト1位を輩出している高校は?

ちなみに最もドラフト候補を輩出している高校はヒルズボロー高校であった。

1965年の第1回ドラフト以降、1巡目指名選手を最も多く輩出した高校はフロリダ州タンパにあるヒルズボロー高だが、6人というのは全体の33位タイに過ぎない。ランキング上位には、優れた選手育成プログラムを持つ大学がズラリと並ぶ結果となった。

http://www.mlb.jp/category/news/page/2/

近年のドラフトで、3人もメジャーで活躍する選手を輩出し、数日後に行われるドラフトにて1巡目での指名が予想されているピート・クロウ=アームストロング選手を輩出している点を見ても

ハーバード・ウエストレイク高校に優れた育成プログラムがあると思う。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

目指せメジャーリーグ通!!

タイトルとURLをコピーしました