【MLB】2019年メジャーリーグ打点王アンソニー・レンドン

national league

どうも、生涯野球人です!

先日の日刊スポーツに打率の今岡捨て藤村超え147打点という記事が載っていました。

メジャーリーグで、2019年シーズン最も打点を稼いだ男は誰なのか調べてみた結果、今年から大谷翔平と同僚になるこの男でした。

Anthony Rendon

  (アンソニー・レンドン) 

#6

ロサンゼルス・エンゼルス所属

出身 アメリカ テキサス州ヒューストン

右投右打

身長 185.4cm

体重 90.7 kg

昨年まではワールドシリーズを制したワシントン・ナショナルズに所属していました。146試合に出場し、545打席に立って174本のヒットを放ち、打率は.319、opsは1.010、そして打点は126を数え、打点王に輝きました。

何と言ってもポストシーズンでの活躍が素晴らしく、彼の活躍がなければ球団初のワールドシリーズ制覇もなかったでしょう。それでは彼のポストシーズンの活躍をご覧ください!

Anthony Rendon 2019 MLB Postseason Highlights (Nationals star dominated! .328, 3 HRs, 15 RBIs)

あ!彼はメディアに取り上げられることが少ない為、最も過小評価されている選手の一人だと言われているそうです。

もし友人と彼の話になった時に、レンドンはヒストリーチャンネルを見るのが趣味だよ。野球観戦は長くて退屈だとか言ってるらしいぜ。とでも言えば、メジャーリーグ通と思われること、間違いなし!!笑

それでは、今日はここまで!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

目指せ野球通!!!

目指せプロ野球!!!

目指せメジャーリーグ通!!!

タイトルとURLをコピーしました