【野球教室】試合に出て活躍する為の守備、基本練習一覧

野球教室

どうも、生涯野球人です。

私が大学時代に行っていた守備練習をまとめて紹介したいと思います。

守備力を向上させたいけど、どんな練習をしたらいいか分からないという人がこの記事を読めば守備力が向上すること間違いなし!

是非ご覧下さい。

【野球教室】試合に出て活躍する為の守備、基本練習一覧

今日は内野手の練習方法を紹介しますが、その前に覚えておいて欲しいことがあります。

バッティングが良い選手でも守備力が低いと試合に出場する機会が減ってしまうということです。

守備のミスは勝敗を大きく左右する為、ずば抜けた打力を持った選手でないと高いレベルになればなるほどチーム内の競争に敗れて出場機会を失っていきます。

守備練習は打撃練習に比べると地味に感じるかもしれませんが、非常に大切だということを忘れずに継続して頑張りましょう。

それではいきます。

捕球姿勢

まずは正しい捕球姿勢を理解する必要があります。

足を肩幅よりやや開きます。

体を地面と並行にするようなイメージで股関節を屈曲させます。

その時に手の力を抜いてリラックスすると自然と正しい位置にグローブが落ちます。

グローブを立てろという指導がありますが、グローブの先が地面に垂直になるようだと手首が固まってるはずです。

手首の自由度を高める為にも手首の力を抜き、自然と手の平がボールの方に倒れるような形を取りましょう。

これが正しい捕球姿勢です。

ハンドリング練習

正面

自分の正面にショートバウンドやハーフバウンドなどを投げて貰い、グローブで捕球します。色々なバウンドの打球に対応する為には、自分で数多くのバウンドを捕球して、どうすればグローブの芯で捕球出来るかを体で覚えましょう。

左足側

捕球姿勢を取ったら、自分の左足の辺りにショートバウンドやハーフバウンドを投げて貰いましょう。この時に大切なことは自分の溝打ちを捕球する位置に向けることです。正面の時のように体は前を向き、グローブだけ横に出すのはNGです。

右足側

捕球姿勢を取ったら、自分の右足の辺りにショートバウンドやハーフバウンドを投げて貰いましょう。左足側と同様溝打ちの向きが大切です。

グローブを出すべきバウンドなのか、その場でいいのかグローブの面の向きは正しいのか確認しながら行いましょう。

左足前に出して足をクロス

足をクロスにして、バックハンドの練習を行いましょう。捕球姿勢は変わりますが、溝打ちの向きを意識する点や、様々なグローブの使い方をする点は変わりありません。

壁当て反応捕り

この練習は1人が壁から2mほどの位置で壁に向かって立ち、捕球姿勢を作ったらもう1人が1人目の後ろからボールを壁に向かって投げます。

その跳ね返りを反応してハンドリングで捕球します。壁に当たってどう跳ねてくるか予想してグローブを出す為、ハンドリング技術だけでなく、反応も鍛えられます。

また、上からグローブを出す選手はこの練習で自然と下からグローブが使えるようになります。

テニスボール捕り

テニスボールをラケットで打ってもらってそれを捕球する練習です。テニスボールは硬式ボールや軟式ボールよりも軽い為、確実に芯で捕球をする必要があります。

また、早いゴロを怪我のリスクを減らして練習する事が出来るメリットもあります。

この時に速く動こうとすると頭が動くと目線がブレやすくなる為、頭をすぐに動かそうとせずに、目でしっかりとボールを追うようにしましょう。

打ち手はテニスボールを通常のゴロ、高いバウンド、速いゴロなどと打ち分けて、捕り手の守備力が向上するようにしましょう。

ゴロ捕球

次は実際のボールを使ってのゴロ捕球です。

バウンドのしないゴロ

まずはバウンドのしないゴロからです。

低いゴロを練習することで、腰高にならない為、非常に良い練習になります。

ゴロに対して、自分の体の幅だけ右から入るようにしましょう。正面からゴロを見ると、距離感が分かりにくい為です。

ゴロが転がってきたら捕球するタイミングで右足のかかとから踏み出します。そうすれば自然とかかと、爪先と正しいステップが身につき、腰も落ちて自然な体重移動が身につきます。

グローブは自分が開いた足の幅だけ前に出します。この時ボールを目で追うようにすれば頭が落ちずに捕球ミス、送球ミスが減ります。

バウンドするゴロ

次はバウンドするゴロです。この時大切なことは、ショートバウンドで入ることです。ショートバウンドで入る癖を付けることで、バウンドを読む癖がつきます。

ゴロにはショートバウンド、打球の上がり際、落ち際があります。打球の上がり際が1番捕球するのが難しいです。

落ち際で捕球しようとするとグローブが寝てしまう癖がつきかねないので、ショートバウンドをオススメします。

高いバウンド

高いバウンドをワンハンドで捕球する練習も行いましょう。この時は膝を適度に曲げてショートバウンドに合わせましょう。

全てショートバウンドで入ろうとすると、バウンドが合わず、前に行くだけでなく、後ろに下がって捕球するケースも出てきますが、これは非常にいい練習です。

アウトにすることが目的です。何でもかんでも前に出るのは正しいと言えません。しっかりとバウンドを読みましょう。

バウンドしないゴロ、バウンドするゴロ、高いバウンド、この3ケースでバックハンドの練習を入れることを忘れないで下さい。

ハンドリング練習で意識したポイントをしっかりと抑えて行います。

ノック

最後に紹介するのがノックです。

これまで行ってきた基本練習を意識しながら、実際のノックでどこまで出来るか確認しながらやってみましょう。

まとめ

ノックになるとうまくいかないこともでてくるかもしれません。

試合になるとランナーがつき、状況が毎回異なります。そのため難易度はより上がります。

何度も何度も基礎練習とノックを繰り返し、試合で良いプレーをする為に練習しましょう。

1番大切なのは継続して取り組むことです。

1番の目的は試合で良いプレーをすることです。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは今日はここまで!!

目指せプロ野球!!

目指せメジャーリーガー!!

タイトルとURLをコピーしました