【野球教室】ティースタンドを使った練習で打撃向上!置きティーの極意

野球教室

どうも生涯野球人です。

今日はメジャーリーガーは皆やっているスタンドティーを使ったバッティング練習を紹介したいと思います。

日本では置きティーなどと言うことが多いこの練習ですが、正しい形で取り組まなければせっかくの練習も無駄になってしまいます。

今日この記事を読んで、普段の練習に取り入れれば、打撃技術が向上して打率アップ、出塁率アップ間違いなしです!

早速いきましょう。

【野球教室】ティースタンドを使った練習で打撃向上!置きティーの極意

私がチームの方針などで行ってきたメニューをざっと紹介しますが、全てが良かったとは思いませんので、どれが良くてどれが良くないのかひとつひとつ紹介します。

スタンドティーを使った打撃練習方法

片手打ち

まずは片手でバットを持って行う練習からです。

ボトムハンドから。右バッターなら左手、左バッターなら右手で行います。

この練習はとても良い練習です。

スイングは、ボトムハンドがリードすることを覚えておきましょう。

自分のスタンスで構えて、あとはボトムハンド一本で打って下さい。この時、通常の長さでバットを持つと重たいと感じるとはずなので短く持ってOKです。

構えた時に投手側にある肩の上に顎があると思いますが、振り終わりは逆側の肩に乗るようにします。

よく開くなと言って投手側の肩を動かさずに手だけでこの練習を行う人がいますが、これでは全く意味がありませんので注意して下さい。

トップハンド

次は上にくる手の練習です。この練習を私は良い練習とは思いません。ボトムハンドのリードによって行われるスイングがトップハンドが過度に使われてしまい、ドアスイングになったり、スイングプレーンから外れてしまうからです。

逆手打ち

通常バットを持つ手の位置を逆にして打つ練習です。この練習方法は肘が常に地面の方を向くということで脇が閉まるから良いと言いますが、私は良い練習とは思いません。

正しいスイングプレーンから外れますし、肩甲骨が正しく動いたスイングになりませんので、やめましょう。

ウォークスイング

これは下半身を正しく使う練習になります。

右バッターなら左足、右足とステップしてから打ちます。

左バッターなら右足、左足とステップしてから打ちます。

軸足となる方の足を着いた時に、股関節で重心を管理して打ちに行く練習ですので、この時に、軸足側の股関節の内旋が解けて前に行ったり、軸足の膝がぐらぐらするの正しい形ではありません。

片足打ち

軸足で立ってバランスを取りながら打ったり、ステップした足でバランスを取って打ったりする練習方法です。

トレーニングと技術練習を混ぜてしまっています。トレーニングはトレーニング、技術練習は技術練習と分けて行うべきです。

キャンプ中の振り込みで1日2000本を2週間続けて振ったことがありますが、その時は遊び感覚でメニューに組み込みました。

軸足のかかとでボールを踏んで打つ

軸足のかかとで硬式ボールを踏んで打つ練習です。これは良くない練習です。

スイングをする時は軸足の股関節で重心を管理し、並進運動を行います。回転運動に移行した時には軸足は地面から離れたり爪先が地面に触れたりするのが正しい動きです。

軸足のかかとでボールを踏んでいると、軸足側の股関節は投手側の股関節の方に寄っていく正しい動きにならず、鋭いスイングにつながりません。注意してください。

重たいバットで打つ

マスコットバットを使った練習です。

重たいバットを使うメリットは筋力がつくことや、普段のバットを使った時に、軽く感じるなどのメリットがあります。

重たいバットで練習をするのは良いと思いますが、重すぎて正しいスイング動作が崩れてしまう場合はやめましょう。

小学生、中学生、高校生あたりまでは正しいスイング動作を覚える為にもバットの重さの管理をするようにしましょう。

軽いバットで打つ

逆に軽いバット、例えばノックバットのような軽いバットで打つ練習です。この練習を行うとキレが出るという人がいますが、キレの正体を正しく説明出来る人がどれほどいるでしょうか。

確かに気持ちの上で「なんか打てそう」と思えるような準備をすることが大切なのは間違いありませんが、キレが出るならやっておくかと全てを鵜呑みにするのは間違っています。

軽いバットは手で簡単に扱えるので、注意が必要です。先程の重たいバット同様、正しいスイング動作から外れてしまうようであればやめましょう。

長いバットで打つ

1mの長尺バットを使う人がいますね。

私はここまで極端に長いバットを使う必要はないと思っています。自分が試合で使うバットに小指をかけて扱う練習で十分です。

実際に指一本や二本長く持ったり短く持ったりして打つと、感覚の違いを感じるはずです。

長く持っていたものを短く持つと、バットがかなり扱い易くなります。

ですので、自分が持っているバットに小指をかけて最大限に長く使って練習は行い、試合では指をかけずに打ちましょう。

短いバットで打つ

これは片手打ちの時に使うと良いかと思います。

短いバットを両手で持って真剣に練習している子がいたら、楽してるだけです。笑

インコース打ち

インコースにボールを設定して打ちます。ボトムハンドのリードで上半身のスイング動作が始まると述べましたが、インコースはボトムハンドの肘が割れの段階で伸びきることなく回転します。

肘を抜くなどという表現をしますが、正しくは並進運動から回転運動に移行する場面でボトムハンドの肘が伸びきらないことが大切と覚えておきましょう。

アウトコース打ち

アウトコースはインコースとは違い、割れの段階でボトムハンドの肘が伸び切っています。

並進運動と回転運動を正しく行いましょう。

アウトコースは投球の割合の多くを占めます。このコースを確実に打ち返せるようにアウトコースにティースタンドを設定して練習を多くすることをお勧めします。

また、試合が増えてくると、変化球を見極めたり、崩されて打つ機会が増えます。

スイングが小さくなって無意識で当てにいってしまう人は、ポイントをやや前に置いて、普段より大きく並進運動をして強いスイングを、心がけましょう。

また、ピッチャーのタイミングに合わすことなく自分のタイミングで振ることが出来るので、ゆっくりタイミングを取り、打ってみたり、クイックを想定して打つのも良い練習になります。

まとめ

ここまで、スタンドティーを使った打撃練習を紹介してきました。

最後にジャスティン・ターナーが置きティーを行なっている姿をみてお別れです。

View this post on Instagram

Backyard tee work to keep some sanity!!

A post shared by Justin Turner (@redturn2) on

是非参考にして自身の練習やチームの練習に取り入れて下さい。

目指せプロ野球!!

目指せメジャーリーガー!!

タイトルとURLをコピーしました