【MLB】挟殺プレー(ランダンプレー)の練習方法と極意

野球教室

どうも、生涯野球人です。

先日千葉ロッテの荻野選手が走者の時に西武ライオンズの挟殺プレーを掻い潜り得点したプレーがありましたね。

ランナーを挟んだのにアウトが取れないと、守備側にとってはかなり痛いです。

そこで今日は守備側が挟殺プレーでアウトをとる極意をまとめたいと思います。

【MLB】挟殺プレー(ランダンプレー)の練習方法と極意

ルールを決める

まずはチーム内で決まりを作ります。

①ボールを持った選手は全力でランナーを追い、追いついたらグローブでベルト付近にタッチ。

低い位置にタッチしようとすると、走っているランナーの足に当たってグローブからボールがこぼれる恐れがあるので、ベルト付近にタッチしましょう。

②基本的に偽投は禁止です。

一、三塁で一、二塁間で一塁ランナーを挟んだ時に三塁ランナーに圧力をかける意味で使うと有効なタイミングがあります。

③ボールを持った選手は全力で追い、タッチ出来なければ守備の受けてに見えるように手を挙げ、ボールを見せてショートスローをする。

この時、受け手は「はい!」や「放れ!」という声をかけて、一歩前に出て捕球をする。

こうすることでランナーとの距離を詰めることが出来ます。

また、受け手はランナーの動きを周辺視野で捉えて、追い抜かれそうな距離にランナーがいる場合は一歩前に出ることなく、立ち止まってタッチにいこう。

挟殺プレーの失敗の多くはここで起こるので、非常に大切なポイントです。

④投げ手は投げたら半時計回りに抜ける。ランナー1塁、または1.3塁の時のファーストはこれに当てはまらない。

その場にいると切り返したランナーが走塁妨害を狙ってぶつかりにくることがあるので、しっかりと走路から外れよう。

⑤タッチに行く時はアウトコール、3feetを超えて逃げるランナーに対しては「3feet!」と声を出す。

⑥審判がアウトコールをするまでプレーを続けよう。

自分達がアウトと思っても、審判がアウトと言わなければアウトにはならないということを忘れないようにしよう。

6つのルールを基本にして動くが、ルールに縛られてしまうことなく、臨機応変にプレーすることが大切です。

受け手の掛け声が無くても投げ手の判断でスローをし、挟殺するという方法もあります。

これをすることでランナーに追い越されるというミスが極端に減ります。

チームでどちらを選択するべきか相談して決めましょう。

優先順位を確認

優先順位を確認しましょう。

1番大切なことはアウトを取ること。

次に元の塁に戻すこと。

最悪は進塁を許すことです。

複数ランナーがいるケースで、重盗を狙ってくるチームは基本的に打つ確率が低いからそういう作戦を取るということを理解しましょう。

なので、この優先順位を理解しておくことが大切です。

実際の練習風景

それでは、実際の練習を見ていきます。

Rundown Practice

全力でランナーを追い、掛け声とともにスローイングしていますね。

この練習を何度も何度も繰り返すことが上達のコツです。

1人のランナーをアウトにすることが出来る様になった場合は、ダイヤモンドを使って、複数ランナーのケースもやってみましょう。

また、受け手が掛け声を出さずに投げ手が判断をするケースもやってみて、自分達が納得出来る方法を選択しましょう!

まとめ

ここまで挟殺プレーの極意と練習風景を紹介してきました。

一試合で何度も何度も起こるプレーではありませんが、強いチームは挟殺プレーで簡単に失点することなく、アウトを取ります。

相手がどんな作戦を取ってきても落ち着いて対応する事が出来るチーム作りをしましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

目指せプロ野球!!

タイトルとURLをコピーしました