【MLB】ブレーブスのニック・マーケイキス出場辞退へ、3000本安打への道のり

national league

どうも、生涯野球人です。

アトランタ・ブレーブスのニック・マーケイキス選手が出場を辞退したことを決めたというニュースが入ってきた。

これでブレーブスからの出場辞退者は通算169勝のフェリックス・ヘルナンデス投手に次いで2人目。

マーケイキス選手は通算2355本の安打を放っており、今シーズンも戦力としての活躍が期待されていた。

しかし、マーケイキス選手は出場辞退について以下のように語った。

「僕たちはファンのためにプレーしている。ファンが球場にいないのはタフだ。僕にとってこれが一番大きかったと思う」と無観客試合となっているのが大きな理由の一つだ。

http://www.mlb.jp/category/news/#34499

そこで、今日は日本ではあまり馴染みのない?マーケイキス選手の過去の成績とプレーを紹介する。

このブログを読めば、MLB歴代1位の守備率を誇るマーケイキス選手のことを知ることが出来る。

【MLB】ブレーブスのニック・マーケイキス出場辞退へ、3000本安打への道のり

ニック・マーケイキス Nick Markakis

国籍 アメリカ合衆国ニューヨーク州

ギリシャ系とドイツ系の両親から生まれた為、2004年のオリンピックはギリシャ代表として出場している。

所属チーム アトランタ・ブレーブス

身長 185センチ

体重 86キロ

投打 左投左打

ポジション 外野手

出身校 ウッドストック高校 ヤング・ハリス・大学

ドラフト 2001年ウッドストック高校時代にドラフト35巡目1056位でシンシナティ・レッズから指名されたが、ヤング・ハリス大学へ進学。2003年ドラフト1巡目全体7位でボルチモア・オリオールズから指名を受けた。

短大時代は投手と野手の両方で良い成績を残し、2年連続で短期大学最優秀選手に選出された。

マイナー通算成績

2019年シーズンまでで282試合に出場

1044打数 314安打 HR29

通算打率0.301 出塁率 0.380 長打率 0.476

OPS 0.856

メジャー通算成績

2019年シーズンまでで2117試合に出場

8172打数 2355安打 HR188

通算打率0.288 出塁率 0.358 長打率 0.424

OPS 0.782

年間のヒット数はトップ10に8度入っている

年間の守備率が7度リーグトップを記録するなど非常に守備が上手く、ライトの選手としてMLB歴代最高の守備率を誇る。

連続無失策398は外野手として歴代1位

2011年2014年2018年で3度ゴールドグラブ賞を受賞している。

2018年にはオールスターにも出場、シルバースラッガー賞を受賞している。

実際のプレー

オールスターに出場し、シルバースラッガー賞を受賞した2018年のハイライトをご覧いただきたい。

Nick Markakis | 2018 Highlights ᴴᴰ

守備では球際の強さが印象的である。

打撃では低いライナー性の当たりが多いが、数値にも表れていて、2015年からの5年間は8°10°8°10°7°といった平均の打球角度になっている。

95マイル以上の打球をハードヒットと呼ぶが、その数を多く記録している。しかし打球角度が低い分バレルに入る数も少ないという特徴がある。

ヒットの数は多いが、長打率は決して高くない。OPSの数値が決して高くないのはこの打球角度が影響している。

しかし、総合的に判断するとやはりレギュラーとして出場するに相応わしい活躍をしている。

まとめ

今日は日本ではあまり知られていない?名選手ニック・マーケイキス選手の紹介をしてきた。

マーケイキス選手は「これがキャリアの終わりにならないことを祈っている」とコメントしたが、

メジャーリーグファンの我々からしても、こんな形で引退して欲しくない。

3000本安打まで645本を残しているマーケイキス選手は現在36歳。記録達成の道は険しい。

それでもマーケイキス選手は以下のように述べた。

「僕はファンの前で勝ちたいんだ。このスポーツはファンがあってこそなんだよ。ファンがいない環境でプレーするのは、僕にとって野球ではない」と語り、自分自身の記録よりも大切なものがあることを強調した。

http://www.mlb.jp/category/news/#34499

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!

目指せメジャーリーグ通!!

タイトルとURLをコピーしました